カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ニュース |2013.08.23

全日本スキムボードチャンピオンシップ開催 8/24(土)・25(日)湘南ひらつかビーチパーク

タグ

 スキムボードの全国大会「第8回 全日本スキムボードチャンピオンシップ」が24・25日の2日間、湘南ひらつかビーチパークで開催される。スキムボードとは厚さ1cm、長さ1.3m程度の木の葉型の板で打ち寄せる波に乗り技を競うマリンスポーツだ。サーフィンのように沖から波に乗るのではなく、波打ち際で行う手軽さから、日本では約20年前に普及し始めた。
 昨年4月にはスキムボードの普及振興などを目指し、代表理事を務める岩﨑貴之さん(右上写真・左)らの手によって一般社団法人日本スキムボード協会(J.S.A.)が設立された。実は協会が設立されたのは今回が始めてではない。およそ10年前、スキムボードメーカー代理店が協会を設立。それまで開かれていた全国規模の大会をとりまとめ、初めて公的に「全日本」を冠に選手権を開催した。しかし設立から2年ほどで旧協会は解体。全国大会という目標を達成した矢先に旗頭を失い、協会設立前の状況に戻ってしまった。全日本の名がついた最後の大会に出場していた岩﨑さんは「なくすわけにはいかない!」と、別の形で大会を続けていこうと呼びかけた。有志らが実行委員を組織し、全日本に相当する大会としてスキムボードチャンピオンシップを開催してきた。そしてJ.S.A.設立を機に再び「全日本」の名前が帰ってきた。
 今大会の実行委員長を務める矢島清二さん(写真・右)は「ボーリング場のジュークボックスで海外の映像を見て『何だこのスポーツは!』って衝撃を受けました」と20年前を振り返る。今なおメジャーとは言い難いスキムボードは技術面などまだまだ発展途上という。J.S.A.ではこれを機にルールや技術を統一し世界で戦える人材を育てようと奮闘している。来日から20年、人間でいえば成人を迎えたばかりのスキムボードの「今」を同大会で見てみては。

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP