カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ヘッドライン |2021.07.21
NEW

オーレ!ベルマーレ:#837 今年だけの夏休み

タグ

 是非を問う声や、紆余曲折を残したまま、いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピックが開幕する。湘南ベルマーレからは守護神のGK谷がU-24日本代表に選出。国際大会での八面六臂の活躍を期待したいところだ。昔ーーといってもわずか数年だがーーを知るサポーターは元湘南の遠藤 航の活躍にも期待しているだろう。今やA代表でも中核メンバーの一人。もはや期待を通り越して信頼という感じだろうか。  天皇杯ではベスト16に残り、タイトル獲得に望みをつないでいる湘南。だがリーグ戦では後半戦が始まり柏、神戸、東京に連敗。足踏みをしている間に降格圏が背後に忍び寄ってきている。内容も善戦と言えるものではなく、どちらかといえば負けるべくして負けた、勝ち点のチャンスをみすみす逃した、というものだった。  2回目の対戦ということは、1回目の対戦を踏まえて試合に臨む。当然相手のストロングを消し、自分たちの長所を伸ばしていくわけだが、その伸び幅が湘南には少なかった。試合時間を経過するごとにジリ貧となり、相手のサッカーに付き合ってしまった。  この中断期間は例年にはないものだ。この1カ月あまりの過ごし方が、後半戦に大きく影響する。疲れを取ることも大事だが、戦力の補強、戦術のブラッシュアップ、個々の能力アップ……できること、取り組まなければならないことは山積みだ。特に攻撃の形は早くも出尽くした感すらあり、期待感を持てる状況の方が少なく改善は急務。相手を脅かすパス、アシスト、フィニッシュの精度にこだわり、一皮むけてほしい。


左サイドを主戦場にする高橋


中盤で多くのチャンスを作ってきた山田

攻撃の起点としての活躍に期待がかかる三幸

TEXT:名久井啓祐(本紙編集部) 写真提供:湘南ベルマーレ

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

いますぐ使える 最新クーポン

色々な所で使えるお得なクーポンを発行中!

その他のクーポンをもっと見る
湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP