カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ニュース |2021.09.01

湘南・谷 晃生が初のA代表選出 
「代表選手として」気持ち新たに

タグ

 日本サッカー協会(JFA)から8月26日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選の日本代表メンバーが発表され、湘南ベルマーレのゴールキーパー、谷 晃生が初めて選出された。今回の代表メンバーのなかでは唯一の初招集となった。
 東京オリンピックで全6試合に出場し、日本のベスト4に貢献し評価を高めた谷。26日に開かれた会見では「こうして選んでいただいたことを本当に誇りに思うし、さらに大きな責任感をもってやっていかなければ」と気持ちを引き締めた。大阪府出身で、2020年に期限付き移籍で湘南に加入。シーズン序盤から出場機会を掴むと、チームの守護神としてなくてはならない存在にまでなった。年代別の代表にもコンスタントに召集されていたが、2020年の段階ではオリンピック出場候補選手のなかでは2~3番手。ここ1年ほどの短い期間で大きく成長した選手の一人だ。
 だが本人は「五輪代表、A代表に呼ばれただけでは急に成長しない。五輪で得たものはもちろんあるので、頭で考えて体で表現することを地道に自分らしく、一歩一歩やっていく」と泰然と語る。「代表選手として見られることで、周囲からの期待値も上がると思うし、責任感も増していく。一つひとつのプレーの重みも変わってくる。五輪では責任感や、プレーへの神経の使い方の違いを感じた。それを自分の通常のプレーのレベルにできるよう、練習から取り組んでいく」と覚悟の表情を見せた。
 代表チームは9月2日19時10分キックオフのアジア最終予選オマーン代表戦、9月7日(火)時間未定のアジア最終予選中国代表戦に挑む。今回A代表には川島永嗣(ストラスブール/フランス)、権田修一(清水エスパルス)が召集されているが「選ばれたからには試合に出ることを目標にしなければならない」ときっぱり。偉大な先輩プレーヤーとの競争のなかで初出場を勝ち取れるか注目だ。

写真提供:湘南ベルマーレ

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP