カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ニュース |2022.04.13

横浜幸銀信用組合が市民病院へ50万円を寄付
神奈川県教育委員会からは感謝状も

タグ

 横浜幸銀信用組合平塚支店(崔 涇宗支店長)は3月29日、「入院・治療中のこどもたちの一助に」と50万円を平塚市民病院に寄付した。

 同信用組合は「こどもたちの未来のために私たちができること」をコンセプトに「こどもの未来プロジェクト」に参画しており、今回の寄付もその一環。平塚支店からの寄付は初となる。贈呈式に出席した同院の山田健一朗病院長は小児科医でもある。「コロナ禍もあってか子どもの受診は減っているものの、必要なものは多い。大切に使わせていただく」と感謝を述べた。

 また、翌30日には、昨年11月に同信用組合から県立平塚ろう学校へ口元が見える特殊なマスクと筆談ボードを、平塚盲学校へ大型テントを寄贈したことへの感謝状が神奈川県教育委員会から授与された。

関連記事

平塚盲学校・ろう学校へテント・マスクを寄贈 横浜幸銀信用組合が平塚支店移転を機に

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP