カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ヘッドライン |2012.09.14

幼稚園に行こう!

タグ


9月も中旬。そろそろ、3歳になる幼児がいるご家庭では、来年4月の入園に向けた「園選び」が始まる時期。平塚市私立幼稚園協会加盟園では、来年度の新入園児を募集するにあたり、来月15日から一斉に入園案内と願書の配布が行われる(願書受付は11月1日から)。本紙今週号では、入園準備を始めるご家庭の皆様へ向け、幼稚園の魅力をご紹介。

校教育法に基づく「学校」である幼稚園は、厚生労働省管轄の「保育所」(保育園)とは異なり、文部科学省の教育要領に基づく教育を受けられる教育施設。子どもが生まれて初めて通い、学習する場となる幼稚園選びは、よく調べてから、じっくり考えたいところ。本紙では市内全23園の私立幼稚園が加盟する平塚市私立幼稚園協会に話を聞いた。
多彩な特色
同協会は「文科省の教育要領に基づく『全国共通の教育』が受けられる」という基本的な要素以外にも、私学として「各園が独自に取り組む多彩な教育も魅力」とする。思いやりや生き物の大切さを学ぶとして動物の飼育を取り入れたり、自然の恵みを学ぶ食育として野菜栽培等を導入する園もある。また、日本の伝統的行事を取り入れ、「日本人の心」を養う園や、園外保育や体育的活動等で体力向上を目指す園などもあり、特色は様々。普段の生活では味わえない体験が、各幼稚園では多彩に用意されている。
教育の場
「幼稚園は、将来の人間形成に関わる重要な教育の場」とも。学習的観点では、「遊びながら学ぶ」ことが小学校での様々な学習活動に有効につながり、生活的な観点では、「しつけやルールを学ぶ」場。挨拶や靴を脱いだら揃える、すべり台では順番を守る。時には喧嘩も起きるが、そこは教師が間に入り、「なぜ起きたのか」を考え、悪いことをしたら「ごめんなさい」を言う。また「ありがとう」という感謝の念を表現することができることなど、幼稚園は「健全な心の育ちと生活習慣の基礎が全部詰め込まれています」と同協会。
働く親のためにも
今や「働きながら子育てを」という保護者も増えてきている。幼稚園は通常の保育の前後に朝と午後の預かり保育として、他の保育施設並みに子どもを預かる体制も整えているとのこと。但し各園ともその取り組みは様々なようである。
子どもたちにとって、人生最初の教育を受ける場である幼稚園。そして子どもたちの輝かしい未来を形づくる重要な幼稚園。平塚市内の私立幼稚園は、しっかりとした教育方針のもと、私学としての特色を生かした園運営が日々なされている。じっくりと考えて、候補の幼稚園は実際に見学し話を聞いて、ご家庭の子育て方針・教育方針に合った園選び、悔いの残らない園選びを。(記事制作協力=平塚市私立幼稚園協会)
平塚市私立幼稚園協会加盟園マップ
平塚私立幼稚園協会加盟園マップです。ピンク色のアイコンをクリックすると各幼稚園の入園説明会・運動会の日程がご覧頂けます。

より大きな地図で 平塚市私立幼稚園協会加盟園マップ を表示

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP