カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ニュース |2013.05.17

だるまに愛を込めて織り姫・彦星ペアの「七夕だるま」を新たに制作 荒井だるま屋

タグ


 創業150年余り、伝統的な相州だるまを作り続けている荒井だるま屋(平塚市東八幡)で、織り姫・彦星をかたどった新たなだるま「七夕だるま」が生まれた。
 干支だるまを始めとする様々なだるま制作に意欲的な同店4代目の荒井星冠さん(58)=写真=が、今回の七夕だるまに込めた想いは「恋愛成就、夫婦円満、婚活成就」だ。「今の時代、必要なのは『愛』だと思っています」と話す荒井さん。「ケータイが普及した現代は、自分のことしか考えない人が多い時代。それが悪いってわけじゃないけど、人と人との結びつきが希薄になっている。そんな時代だからこそ、男女の出会い、思いやり、感謝、やさしさをテーマに作ろうと思いました」。荒井さんの中で、相州だるま、願掛け、七夕、と結びつくのは必然だった。
 全てが手作りで、1つ1つの顔かたちが異なるというだるま。「手作りだから、良くも悪くも、作り手の意識が入っちゃうんです。無心が一番良いのですが」と笑う荒井さんだが、共通して全ての「七夕だるま」に込めた願いは、愛。「2つ一緒に飾っていただいても、カップルなどにそれぞれ1つずつ持っていただいても嬉しい。色々な楽しみ方で楽しんでもらいたいです」
 愛のご利益を願う、愛を込めて作られた新たな名産品。七夕まつり期間中、名産品販売のブースで販売される予定だが、先行販売として、今月23日から25日の3日間、平塚ラスカ1F「星の広場」で開催される「湘南ひらつか名産品・特産品 展示即売会」でデビューする。当日は、限定100セット(1セット3000円)。問い合わせは荒井だるま屋☎21-6096。

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP