カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ニュース |2013.05.31

景観整備とバリアフリー化創祀千六百三十年記念事業 平塚八幡宮

タグ


 毎年、正月三が日には多くの参拝客で賑わう平塚八幡宮(平塚市浅間町1-6)では、境内の景観整備と段差解消(バリアフリー化)という2つの柱を軸とした境内整備事業を実施している。
 平塚八幡宮は実際には今年1633年を迎える。同宮では今年の秋に迫った神宮式年遷宮の募財活動と時期が重なったことや諸般の事情を理由に平塚八幡宮創祀千六百三十年記念事業の実施を見合わせていた。だが、今年の正月に行われた大門通りの国道1号線歩行横断の実施をふまえ、改めて記念事業の実施に踏み切った。
 具体的な整備内容としては2点。まず景観整備として、正月や例大祭にのみ仮設で設置していた提灯架台を通年で掲出できるように常設する。次にバリアフリー化として、一の鳥居と二の鳥居付近の階段をスロープにする。既に提灯架台の設置と一の鳥居における段差のスロープ化工事は開始されており、8月中旬に行われる例大祭までに完成を目指す。
 現在、同宮ではこれらの事業に関しての協賛金と、景観整備に伴う名入れ提灯献灯を募っている。問い合わせは同宮☎0463-23-3315まで。

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP