カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ニュース |2020.08.28

救命協力者と初期消火協力者を表彰
消防長「勇気ある行動に感謝」

タグ

表彰を受けた中村さん(右)と渡邉さん(左)。中央は赤木消防長

 平塚市消防本部は8月25日、迅速な救命処置で人命救助に寄与したとして、茅ヶ崎市在住の中村淳一さんを、火災の初期消火を行なったとして秦野市在住の渡邉 豊さんを表彰した。
 中村さんは今年2月、休暇を利用して湘南平に向かっていたところ、路上で自転車に乗った人が倒れるのを目撃。起き上がる様子がなかったことから119番通報し、オペレーターの指示の下、救急車到着まで5分以上、心臓マッサージなどの救命措置を行なった。「進路の先で人が倒れて、追いついてよく見てみたら息をしていないので『大変だ!』と思った。救急救命の経験などは一切なかったが、必死で指示どおりに行動した」と振り返る。傷病者はすでに社会復帰しているという。
 渡邉さんは今年5月、自身が店長を務めるスーパーマーケットの駐車場敷地内で、車両から出火した火災の初期消火にあたった。従業員から報告を受け、消化器を使って消火。「報知器が作動することはたまにありますが、本当に出火していて驚いた」と振り返る。「日頃訓練はしているが、実際の火災現場は全然違う。冬場に向けて火災も増えるのかなと思うので、地域貢献につながってよかった」と話した。出火の原因は電気系統の不具合だったという。
 赤木 眞消防長は「みなさんの勇気ある行動に感謝する。勇気と知識があってのものだった。市民の模範となるだけでなく、啓発していく責務を負った職員の励みにもなる」とたたえた。
 なお、5月に発生した別の火災の初期消火に協力したとして、藤沢市の和田周作さん、綾瀬市の角田修一さんも消防長表彰を受けている。

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP