カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ

バニューシネマパラダイス:シーン1『幕末太陽傳』

タグ
幕末太陽傳
1957年 日活 監督:川島雄三 脚本:田中啓一/川島雄三/今村昌平
出演:フランキー堺/石原裕次郎/左幸子/南田洋子ほか
現在、デジタル修復版Blu-rayがHappinetより発売中。
好きな映画は何かと聞かれたら、真っ先に浮かぶのが『幕末太陽傳』だ。主人公の佐平次は、金が払えずに品川遊廓の居残りになった男。イケメンじゃないけど、頭は切れるし度胸もある。遊廓でおこるトラブルを、己ひとりの才覚で次つぎと解決してみせる。演じるフランキー堺が実際の太鼓持ちに教わったという、ハラリと宙に投げた羽織に腕を潜らせる姿のカッコ良さよ!  遊廓には、高杉晋作をはじめ、新しい時代を担うべき若き志士たちも出入りする。猥雑で悲劇すら喜劇に転じる、バイタリティあふれるこの空間は、あたかもユートピアだ。されど、時は幕末。ユートピアも終わりの日は近い。佐平次にしても、実は労咳病みで新しい時代まで生きられるかわからない。「ええい、地獄も極楽もあるもんか、おいらまだまだ生きるんでぇ!」とうそぶく佐平次。人生なんて死ぬまでの退屈しのぎとばかりに、図太くも軽やかに駆け抜けてゆく。映画にはいつも人生の格闘がある。
文とイラスト:竹内清人
1968年生まれ。映画宣伝を経て、『戦国自衛隊1549』で脚本家デビュー。
現在、平塚の片隅(馬入あたり)で執筆活動をつづけている。

 

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP