カテゴリーから選ぶ
カテゴリーから選ぶ
ニュース |2013.06.07

「ときめき」テーマに壁画制作大磯町商工会青年部

タグ


 大磯を起点に海岸線を西へ向かう西湘バイパス。その橋脚に海岸の美化を目的に絵を描く取り組みが大磯町商工会青年部によって1990年から続いている。一般公募により集められた参加者10組が「ときめき」を今年のテーマに壁画を制作した。
 今回で23回目となる同事業。今でも50〜60枚の絵が現存しており「浜辺のギャラリー」と名付けられている。参加者は国府中学校の美術部をはじめ、家族やグループ単位で延べ60人程。下は3歳から上は85歳まで幅広い年代の参加者が思い思いに「ときめき」を描き出した。最高齢参加の菱間久米雄さん(85)は「ちゃんと数えてないけど20回以上は来てるなぁ」と言う。絵が好きでハガキ絵の教室を開いており、「歩けなくなるまでは続けたいな」と元気いっぱいだ。
 同青年部の小島健太郎部長は「毎年テーマを決めて絵を描いてもらって、去年は『きずな』だった。1枚1枚の絵の内容はバラバラかもしれないが、続いていくことで1つの大きな意味がある」と話す。一方で「そろそろ描き尽くしたので来年あたりで一区切りかも」とも。それ以降、事業がどうなるかは未定という。

タグ
facebookシェア twitterシェア lineで送る
オンラインマガジン

湘南ローカル情報を日々更新中!

湘南ジャーナルDB 湘南のお店情報をまとめて掲載!
湘南ジャーナル まちナビ 最新情報

湘南のお店情報をまとめて掲載!

スタッフブログ

編集部情報を毎週更新でお届けします。

運営からのお知らせ

PAGE TOP